現在表示しているのは、次のバージョン向けのドキュメントです。Kubernetesバージョン: v1.19

Kubernetes v1.19 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

kubeadmを使ったコントロールプレーンの設定のカスタマイズ

FEATURE STATE: Kubernetes 1.12 [stable]

kubeadmのClusterConfigurationオブジェクトはAPIServer、ControllerManager、およびSchedulerのようなコントロールプレーンの構成要素に渡されたデフォルトのフラグを上書きすることができる extraArgsの項目があります。 その構成要素は次の項目で定義されています。

  • apiServer
  • controllerManager
  • scheduler

extraArgs の項目は キー: 値 のペアです。コントロールプレーンの構成要素のフラグを上書きするには:

  1. 設定内容に適切な項目を追加
  2. フラグを追加して項目を上書き
  3. --config <任意の設定YAMLファイル>kubeadm initを実行

各設定項目のより詳細な情報はAPIリファレンスのページを参照してください。

備考: kubeadm config print init-defaultsを実行し、選択したファイルに出力を保存することで、デフォルト値でClusterConfigurationオブジェクトを生成できます。

APIServerフラグ

詳細はkube-apiserverのリファレンスドキュメントを参照してください。

使用例:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.16.0
apiServer:
  extraArgs:
    advertise-address: 192.168.0.103
    anonymous-auth: "false"
    enable-admission-plugins: AlwaysPullImages,DefaultStorageClass
    audit-log-path: /home/johndoe/audit.log

ControllerManagerフラグ

詳細はkube-controller-managerのリファレンスドキュメントを参照してください。

使用例:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.16.0
controllerManager:
  extraArgs:
    cluster-signing-key-file: /home/johndoe/keys/ca.key
    bind-address: 0.0.0.0
    deployment-controller-sync-period: "50"

Schedulerフラグ

詳細はkube-schedulerのリファレンスドキュメントを参照してください。

使用例:

apiVersion: kubeadm.k8s.io/v1beta2
kind: ClusterConfiguration
kubernetesVersion: v1.16.0
scheduler:
  extraArgs:
    bind-address: 0.0.0.0
    config: /home/johndoe/schedconfig.yaml
    kubeconfig: /home/johndoe/kubeconfig.yaml
最終更新 May 26, 2021 at 10:10 AM PST: commit first work from 1.19 milestone (73b3cf878)