現在表示しているのは、次のバージョン向けのドキュメントです。Kubernetesバージョン: v1.19

Kubernetes v1.19 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

コントロールプレーンをセルフホストするようにkubernetesクラスターを構成する

コントロールプレーンのセルフホスティング

kubeadmを使用すると、セルフホスト型のKubernetesコントロールプレーンを実験的に作成できます。これはAPIサーバー、コントローラーマネージャー、スケジューラーなどの主要コンポーネントは、静的ファイルを介してkubeletで構成されたstatic podsではなく、Kubernetes APIを介して構成されたDaemonSet podsとして実行されることを意味します。

セルフホスト型クラスターを作成する場合はkubeadm alpha selfhosting pivotを参照してください。

警告

注意: この機能により、クラスターがサポートされていない状態になり、kubeadmがクラスターを管理できなくなります。これにはkubeadm upgradeが含まれます。
  1. 1.8以降のセルフホスティングには、いくつかの重要な制限があります。特に、セルフホスト型クラスターは、手動の介入なしにコントロールプレーンのNode再起動から回復することはできません。

  2. デフォルトでは、セルフホスト型のコントロールプレーンのPodは、hostPathボリュームからロードされた資格情報に依存しています。最初の作成を除いて、これらの資格情報はkubeadmによって管理されません。

  3. コントロールプレーンのセルフホストされた部分にはetcdが含まれていませんが、etcdは静的Podとして実行されます。

プロセス

セルフホスティングのブートストラッププロセスは、kubeadm design documentに記載されています。

要約すると、kubeadm alpha selfhostingは次のように機能します。

  1. 静的コントロールプレーンのブートストラップが起動し、正常になるのを待ちます。これはkubeadm initのセルフホスティングを使用しないプロセスと同じです。

  2. 静的コントロールプレーンのPodのマニフェストを使用して、セルフホスト型コントロールプレーンを実行する一連のDaemonSetのマニフェストを構築します。また、必要に応じてこれらのマニフェストを変更します。たとえば、シークレット用の新しいボリュームを追加します。

  3. kube-systemのネームスペースにDaemonSetを作成し、Podの結果が起動されるのを待ちます。

  4. セルフホスト型のPodが操作可能になると、関連する静的Podが削除され、kubeadmは次のコンポーネントのインストールに進みます。これによりkubeletがトリガーされて静的Podが停止します。

  5. 元の静的なコントロールプレーンが停止すると、新しいセルフホスト型コントロールプレーンはリスニングポートにバインドしてアクティブになります。

最終更新 May 26, 2021 at 10:10 AM PST: commit first work from 1.19 milestone (73b3cf878)