現在表示しているのは、次のバージョン向けのドキュメントです。Kubernetesバージョン: v1.19

Kubernetes v1.19 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Azure 上で Kubernetes を動かす

Azure Kubernetes Service (AKS)

Azure Kubernetes Serviceは、Kubernetesクラスターのためのシンプルなデプロイ機能を提供します。

Azure Kubernetes Serviceを利用してAzure上にKubernetesクラスターをデプロイする例:

Microsoft Azure Kubernetes Service

デプロイのカスタマイズ: AKS-Engine

Azure Kubernetes Serviceのコア部分はオープンソースであり、コミュニティのためにGitHub上で公開され、利用およびコントリビュートすることができます: AKS-Engine。レガシーな ACS-Engine のコードベースはAKS-engineのために廃止となりました。

AKS-Engineは、Azure Kubernetes Serviceが公式にサポートしている機能を超えてデプロイをカスタマイズしたい場合に適した選択肢です。 既存の仮想ネットワークへのデプロイや、複数のagent poolを利用するなどのカスタマイズをすることができます。 コミュニティによるAKS-Engineへのコントリビュートが、Azure Kubernetes Serviceに組み込まれる場合もあります。

AKS-Engineへの入力は、Kubernetesクラスターを記述するapimodelのJSONファイルです。これはAzure Kubernetes Serviceを使用してクラスターを直接デプロイするために使用されるAzure Resource Manager (ARM) のテンプレート構文と似ています。 処理結果はARMテンプレートとして出力され、ソース管理に組み込んだり、AzureにKubernetesクラスターをデプロイするために使うことができます。

AKS-Engine Kubernetes Tutorial を参照して始めることができます。

Azure上でCoreOS Tectonicを動かす

Azureで利用できるCoreOS Tectonic Installerはオープンソースであり、コミュニティのためにGitHub上で公開され、利用およびコントリビュートすることができます: Tectonic Installer.

Tectonic Installerは、 Hashicorp が提供する TerraformのAzure Resource Manager(ARM)プロバイダーを用いてクラスターをカスタマイズしたい場合に適した選択肢です。 これを利用することにより、Terraformと親和性の高いツールを使用してカスタマイズしたり連携したりすることができます。

Tectonic Installer for Azure Guideを参照して、すぐに始めることができます。

最終更新 November 20, 2019 at 2:25 PM PST: First Japanese l10n work for release-1.15. (#17693) (4532bd2bd)