現在表示しているのは、次のバージョン向けのドキュメントです。Kubernetesバージョン: v1.19

Kubernetes v1.19 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

タスク

Kubernetesドキュメントのこのセクションには、個々のタスクの実行方法を示すページが含まれています。タスクページは、通常、短い手順を実行することにより、1つのことを行う方法を示します。

タスクページを作成したい場合は、ドキュメントのPull Requestの作成を参照してください。


ツールのインストール

Kubernetesのツールをローカルのコンピュータ上にセットアップします。

Podとコンテナの設定

Podとコンテナの一般的な設定のタスクを行います。

クラスターの管理

クラスターの管理のための一般的なタスクについて学びます。

Secretの管理

Secretを使用した機密設定データの管理

アプリケーションへのデータ注入

ワークロードを実行するPodの構成とその他のデータを指定します。

アプリケーションの実行

ステートレスアプリケーションとステートフルアプリケーションの両方を実行および管理します。

Jobの実行

並列処理を使用してJobを実行します。

クラスター内アプリケーションへのアクセス

クラスター内アプリケーションへアクセスできるようにするために、ロードバランシングやポートフォワーディングの設定、ファイアウォールやDNS設定のセットアップを行います。

監視、ログ、デバッグ

クラスターのトラブルシューティングや、コンテナ化したアプリケーションのデバッグのために、監視とログをセットアップします。

TLS

Transport Layer Security(TLS)を使用して、クラスター内のトラフィックを保護する方法について理解します。

サービスカタログ

サービスカタログ拡張APIをインストールする

GPUのスケジューリング

クラスター内のノードのリソースとしてGPUを設定してスケジューリングします

huge pageを管理する

クラスター内のスケジュール可能なリソースとしてhuge pageの設定と管理を行います。

最終更新 September 13, 2020 at 7:17 PM PST: Update the link (037e10886)