現在表示しているのは、次のバージョン向けのドキュメントです。Kubernetesバージョン: v1.19

Kubernetes v1.19 のドキュメントは積極的にメンテナンスされていません。現在表示されているバージョンはスナップショットです。最新のドキュメントはこちらです: 最新バージョン

Serviceトポロジーを有効にする

このページでは、Kubernetes上でServiceトポロジーを有効にする方法の概要について説明します。

始める前に

Kubernetesクラスターが必要、かつそのクラスターと通信するためにkubectlコマンドラインツールが設定されている必要があります。 まだクラスターがない場合、Minikubeを使って作成するか、 以下のいずれかのKubernetesプレイグラウンドも使用できます:

バージョンを確認するには次のコマンドを実行してください: kubectl version.

はじめに

Serviceトポロジーは、クラスターのノードのトポロジーに基づいてトラフィックをルーティングできるようにする機能です。たとえば、あるServiceのトラフィックに対して、できるだけ同じノードや同じアベイラビリティゾーン上にあるエンドポイントを優先してルーティングするように指定できます。

前提

トポロジーを考慮したServiceのルーティングを有効にするには、以下の前提を満たしている必要があります。

  • Kubernetesバージョン1.17以降である
  • Kube-proxyがiptableモードまたはIPVSモードで稼働している
  • Endpoint Sliceを有効にしている

Serviceトポロジーを有効にする

FEATURE STATE: Kubernetes v1.17 [alpha]

Serviceトポロジーを有効にするには、すべてのKubernetesコンポーネントでServiceTopologyEndpointSliceフィーチャーゲートを有効にする必要があります。

--feature-gates="ServiceTopology=true,EndpointSlice=true"

次の項目

最終更新 August 02, 2020 at 7:59 PM PST: Change a link to a Japanese docs. (4e1f3f2e9)